【After Effects】ワークスペースのセッティング

Ae

ワークスペースの各ブロックはカスタマイズできますので人それぞれ設定は違うと思いますが、今回は参考までに私のワークスペースでの紹介とさせていただきます。
プラグインを入れたり、使いやすいようにカスタマイズさせり、道具箱を整理しているようでカスタマイズさせるのが楽しい作業になるのでみなさんもぜひ使いやすく設置してみてください。

各所名称

① ツールパネル
矢印ツール、テキストツール、シェイプツールなどを切り替えできる場所です。よく使うツールはショートカットで覚えましょう。

② 各種パネル1(私の場合、プロジェクトパネルとエフェクトコントロールパネルを置いています)
プロジェクトパネル コンポジションや素材(画像や音源など)プロジェクトを管理しやすい様に管理ができるパネルです。ファイルごとに名前をつけたりして迷子にならないようにしましょう。
エフェクトコントロールパネル 選んだエフェクトの数値をコントロールする場合にこちらのパネルを使います。

③ 各種パネル2(私の場合、プラグインをここにまとめています)
上からButtcapper、GG 分解、ease copyそしてMotion tool proとプラグインでよく使うものをここにまとめて置いています。

④ コンポジションパネル
実際の編集を確認する場所です。プレビューをして動きの確認や最終的な仕上がりなどはこの画面を見て行います。

⑤ 各種パネル3(私の場合、エフェクト&プリセット、文字パネル、整列パネル、段落パネル)
エフェクト&プリセット エフェクトとプリセットをここで呼び出します
文字パネル フォントの種類、大きさ、カーニングなど制御を行うパネルです
整列パネル コンポジションに対して整列、オブジェクトに対して整列など様々な整列ができます
段落パネル フォントを右揃えなど段落をどこでつけるかを制御できます。

⑥タイムラインパネル
レイヤーのプロパティを操作してキーフレームを打ったり動きをつけたりする主に設計図的な役割をする場所となります。

ワークスペースを保存する

せっかくワークスペースを作っても新規でプロジェクトを作った時に元に戻っていたら悲しいですよね。
作ったワークスペースを保存は保存をしておきましょう。
ウインドウ → ワークスペース → 新規ワークスペースとして保存を押して任意の名前をつければ完成です。もしパネルを消してしまったり動かして元に戻したくなった場合もワークスペースの中にある名前をつけたワークスペースを呼び出せば保存をした状態に戻してくれます。

まとめ

見ていただいた通り2、3、5などは何か決まった並びや名称があるわけではなく各種パネルを並べてあるだけです。カスタマイズしたり、使用頻度の多いパネルを並べて自分の使いやすいワークスペースを作る事をおすすめします。

コメント